「働いたら負け」 投資で年収500万超を目指すブログ

「働いたら負け」と本気で思っている社畜が、セミリタイアするために投資を本格的に開始。 投資での年収500万を達成し、社畜からの卒業を目指すブログです。

2019年01月

楽天証券は、楽天ポイントで投資信託を買える、「ポイント投資」というサービスがあります。

1P=1円で換算され、100円から買うことができます。

私は、楽天カードをメインのクレジットカードとして使用しているので、ポイントが非常に貯まりやすくなっています。

しかしながら、ポイントが勿体なくて買い物に使うのを、ためらっていました(笑)


そこで、2019年1月から、楽天証券でのポイント投資を始めました。


今回購入したのは、「iTrustセキュリティ」です。
購入の理由は、

・できる限り、取扱が始まってすぐの商品がいい(お試しで運用するから、チャレンジも兼ねて)

・セキュリティ関連商品なら、今後も絶対必要なものだから、安定して伸びそう。

・iTrustの別の商品が評判がいい

これらの理由からです。
初心者が考えそうなことかもしれませんが、毎月1,000Pずつ運用するなら、このくらいが丁度いいと思ってます。


それでは、今週の結果について記載します。

Screenshot_20190127-160817


Screenshot_20190127-160454



結果としては、現時点で+48円になってます。
チャート見てる限りでは、右肩上がりで伸びているので、今後にも期待できそうです。

余っているポイントで投資しているので、お財布に優しいのが助かりますね。


今後の運用方針としては、

・月に1,000ポイントを使って積み立てていく。
・現金は使わない。運用は楽天ポイントのみで行い、資産を形成する。

上記2点をルールとして、行っていきたいと思います。

なぜ、上記を設定したかについてですが、私の楽天ポイントの残高および月に入手できるポイントを加味した時に、月に1,000ポイントであれば、現金及び口座内の資産に影響がないからです。
(楽天ポイント投資は、ポイント不足時は、現金を使用する設定が存在するためです)。

また、現金を使わない理由としては、楽天ポイント投資はメインの投資材料ではないため、余剰資金を使いたくないからです。
基本的に余剰資金は、メキシコペソのスワップポイント積立に使いたいですし、投資信託は昔トルコリラ系の商品を購入して痛い目にあっているため、自己資金で運用することに対して抵抗があります。
(あの頃は、投資信託で毎月の配当金が嬉しく、大量購入してしまったことにより、相場の下落での、大きな損失がショックでした、、、)

なにより、自分の現金ではなく、買い物等で溜まったポイントを運用して、不労所得を得ることのほうが、このブログのタイトルにもピッタリかと思います(笑)
特に私みたいに楽天ポイントを貯めるのは好きだけど、使うのが勿体無いと思っている人にはピッタリです。

この運用方針で行った場合、どれだけの利益が出るかで、今後の当ブログでの力の入れ具合が変わるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログでは、FXプライムbyGMOにて、下記ルールでメキシコペソをスワップ運用した時の記録を記載します。

基本ルール
・月5万入金
・毎週月〜水曜に1万通貨購入
・購入価格の2割下落したポジションは、損切りし、再購入

細かいルールは、今後勉強しながら決めていきたいと思います。
また、余剰資金があればロスカットを避けるためだけですが、入金のみ行っていく予定です。

****************************************************

上記のルールに基づいて運用を行っている、メキシコペソスワップ積立ですが、今週もかなり順調な積立結果となりました。

Screenshot_20190127-114439


Screenshot_20190127-114447



今週のスワップ益:+423円
合計のスワップ益:+907円

次週は、本業の給料も出たので、5万円の資金追加を予定してます。

ロスカットが怖いので、余剰資金次第ではさらに追加も検討していこうと思います。


****************************************************


余談になりますが、高金利通貨を取り扱っているFX業者がいくつかあるなかで、なぜFXプライムbyGMOを選択したかというのを、どこにも記載していなかったので、軽く触れておこうかと思います。

メキシコペソによるスワップ積立を行うことを決めた時に、「みんなのFX」などの高スワップ会社を使用することを計画していたのですが、「一点」だけよくわからなかったため選択肢から外しました。

それは、スワップポイントの課税タイミングです。

スワップポイントは、「未決済ポジションについてはかからない」ものと「未決済ポジションについてもかかる」の2つが存在します。

「未決済ポジションについてはかからない」は、未決済であれば税金がかからないので、スワップ運用をやめてポジションを手放さないかぎりは、税金を支払わなくて済むので運用をしやすいです。
逆に「未決済ポジションについてもかかる」は、ポジション保有している限り延々と税金がついて回り、数年以上スワップ運用していった場合に、税金で持っていかれる金額を考えるとデメリットであると思っています。

その中で、メキシコペソのスワップポイントが高い業者が上記のどちらに当たるかが、2018年年末時点では記載しているサイトによってばらつきが多く、判断がつかなかったからです。
公式サイトを見てみたのですが、記載項目を見つけられなかったというのもあります。

そういう状況の中、「未決済ポジションについてはかからない」ことが明確にわかった業者の中で、最もメキシコペソのスワップポイントが高かった「FXプライムbyGMO」を、運用させていただく業者として選択しました。

個人的には何個も取引口座があることは、現時点の管理工数を考慮するとデメリットでしかないため、しばらくはこのまま運用することになると思います。

ただし、今後の運用状況の中では、よりベストなFX業者を選定し直す可能性もあるため、そこは臨機応変にやっていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

私がTHEO+docomoを行う主な理由は、当ブログでも記事にしている通り、絶対負けない投資で有名なdポイント投資を最大限に活かすために、THEO+docomoを使うようになりました。

もともとは、dポイント投資で1日の投入金額の上限を2,000円から10,000円に上げたいがために運用しております。
しかしながら、ロボアドバイザーによる自動投資に対しても興味があったため、本格的に運用した場合、どれだけ利益が得られるかを確認してみたいと思い、運用をしています。


今週のTHEO+docomoですが、世界的に大きなトラブルがなく、安定していた結果、JPYでもUSD換算でも、プラスとなりました。

特にJPYは、運用開始後すぐに、大きくマイナスにふれた為、どうかと思ってたのですが、ようやくスタートに戻った感じです、

次週には、月に一度の10,000円の追加積立予定のため、このままいい方向に進んでいってほしいです。

Screenshot_20190120-191104



Screenshot_20190126-095802


Screenshot_20190126-095808
このエントリーをはてなブックマークに追加

dポイント投資は、前日の情報を用いれば、上がるか下がるかを判断できるため、負けない投資と言われています。
その投資を今週も引き続き、運用しています。

今週は、急激な上昇こそありませんでしたが、安定して利益を獲得できました。


Screenshot_20190125-190651

今週の利益:+244P
トータル益:+1,807P (18年11月運用開始)

次週以降も引き続き、運用していきたいと思います。
このペースを維持できれば、今年中に+10,000Pの利益まで得られるかもです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報の保護について

「http://www.yoshikei.website」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ