スライド2

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。3月28日12時時点で日本国内感染者が1499例となりました。週末外出自粛を日本政府が幾ら訴えても、「自分は大丈夫」の考えで外出する人が多くいる現状です。ロックダウンをしない限り、日本国内の感染は急激に進むのではないでしょうか、、、。少しでも多くの方々が自己防衛を怠らないことを祈る限りです。

それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<64週目運用結果>

Screenshot_20200329-224432
入金金額 :170,000円
時価評価額:150,470円
損益率  :-11.49%

先週は損益率-20%を超えていたため、絶望的な損益率を叩き出してしまいましたが、今週は少しだけ回復しました。それでも、-11.49%の損益率は非常に厳しい状況です。少しずつですが日経平均やダウ平均が上昇してきてはいますが、新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着かない限りは乱高下を繰り返すかと思います。

最後に、現在の各ポートフォリオの損益率は下記になります。

Screenshot_20200329-224451
インカム(債権中心)がプラスに転じました。やはり債権中心の投資の方が安定していることが目に見えて分かる状況です。それに対して、グロース(株式中心)とインフレ(実物資産中心)のマイナスが非常に厳しいですね、、、。世界的な株安の状況ですので、グロースが悪化するのは仕方がないですが、インフレはもう少しどうにか回復してほしい、、、。原油価格が暴落した影響が保有している資産に直撃してしまっている状況です。実物資産は安定している言っている人は今どんな気持ちなのでしょうか(笑)。金だけは、有りかもしれませんが原油は気をつけていく必要がありますね。




<スポンサードリンク>