スライド1

ここ数日。かつては多くいたメキシコペソでのスワップ積立を行う人達の活動を確認できていないです。コロナショックによる大暴落で、皆さんロスカットにあったのかもしれません。私自身も損切りで
乗り切りましたが、多くの損失をだしました。また皆さんが、メキシコペソに興味を持ってもらえるまで、私はひっそりブログを更新して、戦っていきたいと思います。

だから、スワップポイント下げるの辞めてください(笑)

<運用ルール>

いろいろなブログなどを参考に作ったルールが下記です。

①運用はFXプライムbyGMOを使用
 1Lotあたり5~11円/日のスワップポイントが貰えるのが魅力の一つですが、約定するまではスワップポイントが非課税なのがスワップポイントの積立でかなり重要です。
 FXプライムのトルコリラ

ちなみに、メキシコペソのスワップ運用で有名な各社の2020年3月23日週の実績は下記のとおりです。

証券会社 スワップポイント
FXプライムbyGMO
FXプライムのトルコリラ
10.0 円
トレイダーズ証券(みんなのFX)
トレイダーズ証券[みんなのFX]
6.1 円
トレイダーズ証券(LIGHT FX)
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
10.8 円
セントラル短資

9.0 円
アイネット証券
シストレi-NET
8.6 円
※各社1万通貨ごとのスワップで記載しています。

メキシコペソのスワップ運用をするだけなら、
FXプライムbyGMOを使うのはベストでは無いかもしれません。上記に記載していますが、スワップポイントの課税非課税は結構重要だと思います。特に確定申告が苦手な人にとっては、非課税の証券会社の方が良いと思います。私は、非課税の方が都合がいいのでFXプライムbyGMOで運用しています。

その他のルールは下記でしたが、今の運用方法と合わないので見直し中です。
②月5万円入金
③毎週1万通貨購入
④購入価格が2割下落したポジションは損切り。再度購入。
⑤(スワップ益 ー 為替差益)が500円程度となった場合は、利確しても可。
 ※平均取得単価を下げるための手段として運用。
⑥スワップ合計が1万円超えるごとに、1万通貨を購入。

<2020年3月23日週 運用結果>

image001

運用資金  :1,200,000円
保有Lot数   :47Lot (+4Lot)
ロスカット :3.369円

今週のスワップ益:+2,975円
合計のスワップ益:+199,890円
評価損益    :-525,048

少しだけ評価損益が回復しました。しかしながら、損失が大きすぎますね、、、。スワップを溜め込めばいずれプラスになるかもしれませんが、やはり5円台まで戻してもらわないとだめですね。

先週の更新でメキシコペソの政策金利が6.5%に利下げされたことを記載しましたが、その影響もあってか各証券会社でスワップポイントが軒並み下がりはじめました。FXプライムbyGMOの3月30日のスワップが5円になっているため、今後しばらくは5円前後のスワップポイントになりそうです。

メキシコペソでのスワップ運用がかつての輝きを取り戻すまでは時間がかかりそうですが、このタイミングで増やしたポジションが神ポジションとして、私達に利益をもたらしてくれることを祈って運用を記録していきたいと思います。

<スポンサードリンク>