スライド1

今週は円安ペソ高に進み始め、4.5円近くまで上がってきたので、「これはペソ復活の流れ来たか?」と思ったんですけどね、残念ながら週末に再び4.3円台まで下がりました。なかなかメキシコにとって良いニュースが聞こえてこない状況が不安に感じます。新型コロナウイルスの影響で経済活動のほとんどがストップしているのが響いている感じですかね。早くメキシコ経済が活性化することを祈りながら、地道に運用を続けていきたいと思います。

<運用ルール>

いろいろなブログなどを参考に作ったルールが下記です。

①運用はFXプライムbyGMOを使用
 メキシコペソは他の通貨に比べ高いスワップポイントなのが魅力だと思います。ちなみに、メキシコペソのスワップ運用で有名な各社の2020年4月27日週の実績は下記のとおりです。

証券会社 スワップポイント
FXプライムbyGMO
FXプライムのトルコリラ
10.1 円
トレイダーズ証券(みんなのFX)
トレイダーズ証券[みんなのFX]
7.1 円
トレイダーズ証券(LIGHT FX)
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
7.1 円
セントラル短資

11.4 円
アイネット証券
シストレi-NET
10.0 円
※各社1万通貨ごとのスワップで記載しています。

2020年4月27日週はセントラル短資がトップでした!ただし、GW中のスワップポイントがもらえる日が各社バラバラなので、あくまで参考情報って感じですかね。

メキシコペソのスワップ運用をするだけなら、
FXプライムbyGMOを使うのはベストでは無いかもしれません。上記に記載していますが、スワップポイントの課税非課税は結構重要だと思います。特に確定申告が苦手な人にとっては、非課税の証券会社の方が良いと思います。私は、非課税の方が都合がいいのでFXプライムbyGMOで運用しています。

FXプライムのトルコリラ

その他のルールは下記でしたが、今の運用方法と合わないので見直し中です。
②月5万円入金
③毎週1万通貨購入
④購入価格が2割下落したポジションは損切り。再度購入。
⑤(スワップ益 ー 為替差益)が500円程度となった場合は、利確しても可。
 ※平均取得単価を下げるための手段として運用。
⑥スワップ合計が1万円超えるごとに、1万通貨を購入。

<2020年4月27日週 運用結果>

image001

運用資金  :1,200,000円
保有Lot数   :49Lot
ロスカット :3.314円

今週のスワップ益:+2,744円
合計のスワップ益:+211,665円
評価損益    :-630,660

先週の評価損が65万円よりは、若干ですが回復しましたが、この状態から回復するのまだ先になりそうです。急激に円高に進むことも想定し、少しでも利益が出ているポジションはタイミングを見て売っていくことを考えています。

少なくとも、原油の問題と新型コロナウイルスが解決する可能性が高くならないと、メキシコペソ円が5.0円台まであがることは無いと想像しています。なので、その兆しが見えるまでは無理をしないことにしました。そろそろ買いましても大丈夫かな?と判断するのは少なくとも1日にもらえるスワップが上がってきてからになると思います。

しばらくはツマラナイ運用になるかもしれませんが、まずはロスカットに気をつけて運用ができればと思います。

<スポンサードリンク>