スライド2

今週もいつもどおり、運用結果をまとめましたので御覧ください。

<THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

これまで1年半運用して、私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓

THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

ただ漠然と貯金するよりは、何かに投資して利益が出たら嬉しいなという感じで運用したい人にはオススメだと思います。

<資産運用方針>

THEO+docomoが私の年齢等を考慮して設定した基本の資産運用方針がコチラです。

sketch-1585491199812

年齢が30代前半であることとを考慮しての、グロース(株式中心)の運用方針となっています。コロナショックでの世界的な株価暴落を見た今では、インカム(債券中心)の割合を増やしたほうが良いのでは?と思うところが大きいです。それでもしばらくはこの運用方針で進めていきたいと思います。

<74週目運用結果>

キャプチャ

入金金額 :190,000円
時価評価額:187,916円
損益率  :-1.10%

損益率がついに、マイナス1%台まで回復しました。ここまで回復するのに3ヶ月かかりましたが、時間をかければ損失はゼロにできることが分かっただけでも、価値のある3ヶ月でしたね。

現在の各ポートフォリオの損益率は下記になります。

キャプチャ1

今週はグロース(株式中心)・インカム(債券中心)・インフレ(実物資産中心)のすべてがプラスになっています。特にグロースが5%以上プラスになったことが大きいです。インフレはまだまだマイナスですが配分が少ないので、のんびりプラスになるのを待ちたいですね。

詳細なポートフォリオは下記です。

キャプチャ2
キャプチャ3
グロースはすべての商品をまんべんなく追加購入した感じでした。インカムは、SPAB(米ドル建ての投資適格債)を購入。インフレは、VTIP(米国の1-5年の物価連動国債)が売却されています。利益がどのくらい出たのかな?今となってはわかりませんが、きっと利益がでたと信じています。

来週以降もどんな運用がされるのか、観察していきたいと思います。



<スポンサードリンク>