「働いたら負け」 投資で年収500万超を目指すブログ

「働いたら負け」と本気で思っている社畜が、セミリタイアするために投資を本格的に開始。 投資での年収500万を達成し、社畜からの卒業を目指すブログです。

カテゴリ: その他

Googleのアドセンスによる広告収入は、ブログを運営している人にとっては貴重な収入源だと思います。

私自身も資産運用をするための余裕資金は微々たるもので、少しでも多くしたいと思っています。

だからこそ、広告収入がほしいと思っていろいろな情報を確認しました。

そんな中で出会ったのが、Googleのアドセンスです。

<Googleのアドセンス申請って受かりにくいの?>

私が一番気にしたのが、他のブロガーの方々が審査に何回も落ちたという情報です。

調べていると、

・プライバシーポリシーが必要
・文字数は1000文字以上の記事がないとダメ
・画像が貼ってある記事はダメ
・他のHPのコピペは不可
などなど

いろいろな憶測が飛び交っていて、申請しても受かる可能性が低そうに思えました。

しかしながら、初心者ブロガーの私はなぜか受かる気満々で申請しました(笑)

今思うとよく受かったなと思うブログなので、不思議でなりません。

そんな本ブログですが、これからアドセンス申請を行う方々の力になればいいなと思い記事を書かせていただきます。

<やったこと1:プライバシーポリシーを作る>

どのブログでも定番として言われている内容です。

私も他の人を参考にプライバシーポリシーを作らさせていただきました。

いくつかのブログを参考にして記載するだけなので、そんなに難しくないと思います。

優しいブロガーさんによっては、コピペOKの方もいらっしゃいますので、探してみてください。

ちなみに、当サイトのプライバシーポリシーはこちらです。ご参考まで。

<やったこと2:不要な広告を削除>

ライブドアブログの初期設定では、いくつかの広告がついており、それらが審査の邪魔になるとの記事を見たので、即日削除しました。

[ブログ設定]→[広告表示]

1


<やったこと3:お問い合わせ先を追加>

これもどこかの記事で見たのですが、お問い合わせ先がないと審査が通らないとのことでしたので、ライブドアブログの機能で追加しました。

[ブログ設定]→[ブログパーツ]

フリーエリアを追加し下記の通り設定するだけで完了です。

2


<やったこと4:記事を書く>

これは誰でもやっていることであると思いますが、私の場合は文字数1000文字以上書くのが、とてもしんどかったです。

そんなに書くこともないので、1000文字以上書くのを途中で諦めました(笑)

ちなみに、私が申請した際の文字数がこちらです。

3

アドセンス申請時の記事数13記事に対して、1000文字超えは7記事のみです。

私が審査に通過したことから、1記事あたり1000文字未満になっていることはあまり大きな問題ではないのかもしれません。

文字数が多いに越したことはないですが、どちらかというと審査中も記事を書き続けて、このブログはちゃんと運用されていることを示すほうが大事なのかと思います。


<やったこと5:申請コードを貼り付ける>

アドセンス申請を行った際に、申請コードが表示されますが、ライブドアブログでどこに貼ればよいか悩みましたが、下記の場所に貼り付けることで問題ありませんでした。


[ブログ設定]→[カスタムJS]


5

ただし、ここに貼り付けても審査中はブログ上に何も表示されません。

そのため、かなり不安になりますが、ひたすら記事を書いて審査結果を待ちましょう。

<やったこと6:画像つきの記事を書いてみる>

画像つき記事は、審査に落ちると他のブログでみたので、不安でしたが結果的に私は受かっています。

ほぼ全ての記事で画像がついていますが、何も影響がありませんでした。

とくに気にせず、自分が書きたい記事を書くことが大事です。



以上が、私がアドセンス申請時に行った内容です。

どの記事でも言われておりますが、とにかく「記事を書き続ける」これこそが一番重要なことだと私は思っています。

申請時点で書くのが嫌になってしまうくらいなら、今後長く続かないと思いますので、まずは記事を書き続けられるように試行錯誤していってください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報の保護について

「http://www.yoshikei.website」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ