「働いたら負け」 投資で年収500万超を目指すブログ

「働いたら負け」と本気で思っている社畜が、セミリタイアするために投資を本格的に開始。 投資での年収500万を達成し、社畜からの卒業を目指すブログです。

タグ:ロボアドバイザー

スライド2

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。3月28日12時時点で日本国内感染者が1499例となりました。週末外出自粛を日本政府が幾ら訴えても、「自分は大丈夫」の考えで外出する人が多くいる現状です。ロックダウンをしない限り、日本国内の感染は急激に進むのではないでしょうか、、、。少しでも多くの方々が自己防衛を怠らないことを祈る限りです。

それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<64週目運用結果>

Screenshot_20200329-224432
入金金額 :170,000円
時価評価額:150,470円
損益率  :-11.49%

先週は損益率-20%を超えていたため、絶望的な損益率を叩き出してしまいましたが、今週は少しだけ回復しました。それでも、-11.49%の損益率は非常に厳しい状況です。少しずつですが日経平均やダウ平均が上昇してきてはいますが、新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着かない限りは乱高下を繰り返すかと思います。

最後に、現在の各ポートフォリオの損益率は下記になります。

Screenshot_20200329-224451
インカム(債権中心)がプラスに転じました。やはり債権中心の投資の方が安定していることが目に見えて分かる状況です。それに対して、グロース(株式中心)とインフレ(実物資産中心)のマイナスが非常に厳しいですね、、、。世界的な株安の状況ですので、グロースが悪化するのは仕方がないですが、インフレはもう少しどうにか回復してほしい、、、。原油価格が暴落した影響が保有している資産に直撃してしまっている状況です。実物資産は安定している言っている人は今どんな気持ちなのでしょうか(笑)。金だけは、有りかもしれませんが原油は気をつけていく必要がありますね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スライド2

新型コロナウイルスの拡大が一向に収まりませんね。世界各国がいろいろな金融政策で少しでも経済的なダメージを減らそうとしておりますが、どのくらい効果があるのかわからない状況です。ドル円は新型コロナウイルスが広まる前の水準に戻りましたが、まだまだ油断はできない状況です。

THEO+docomoでの運用方針にもよりますが、私のようにグロース(株式中心)がポートフォリオの68%を占める人は、今回のような株価が下がり続ける相場に対しては、かなり厳しい状況が続いていると思います。そろそろ好転してほしい状況ですが、しばらくはこの状況が続きそうなのでひたすら耐えていきたいと思います。


それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<63週目運用結果>

Screenshot_20200322-230519



入金金額 :170,000円
時価評価額:133,787円
損益率  :-21.30%

評価損益率がマイナス20%を超えているのはエグい、、、。

どこまで悪化するのか?いつ元の水準に戻るのか?その点が気になる状況ですが、ロボアドバイザーの判断がどのような結果を生み出すのかを見るのが楽しみです。この状況で損益率がプラスになったら激アツなんですけどね(笑)


最後に、現在のポートフォリオは下記になります。

Screenshot_20200322-230453

グロース(株式中心)が一番影響を受けているかと思っていたのですが、実はインフレ(実物資産中心)の方が状況は厳しいんですよね。このインフレの中には、IXC(エネルギー関連株式)が含まれており、原油相場の影響を受けているんだと思います。メキシコペソのスワップ運用記録でも記載しておりますが、原油価格の下落による影響が大きいです。


新型コロナウイルスと原油価格の下落が重ならなければ、これほどまで世界経済が荒れ無かったかもしれません。このような状況でもコンスタントに利益を得られるような投資家を目指して今後も頑張っていきたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スライド2

3月に入ってからも新型コロナウイルスの影響で世界的に混乱が続いていますね。リスク回避目的での円買いの動きが止まらないのが気になります。日本円は信頼度が高いのかもしれませんが、新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックが中止になったら、経済的に大打撃なはずなので日本円を信頼しすぎるの怖くないんですかね?それでもやっぱり日本円は安心なのでしょうか?気になります。

新型コロナウイルスによるリスクオフの円高が進んでおりますが、3月3日の米連邦準備制度理事会(FRB)による緊急利下げ(政策金利引き下げ)で0.5%利下げになるのは流石に想定外でした。円高ドル安傾向が更に強くなっています。

このまま円高ドル安が進んでしまうことで、THEO+docomoがどのような影響を受けるのか気になる状況です。今後も継続して運用していき動向を見守りたいと思います。

それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<61週目運用結果>

Screenshot_20200308-195332


入金金額 :170,000円
時価評価額:165,518円
損益率  :-2.64%

前回、半年ぶりに損益率がマイナスになったと記載しましたが、今週も残念ながらマイナスです。

今現在のポートフォリオは下記になります。

Screenshot_20200308-195353

グロース(株式中心)は前週より約3%、インフレ(実物資産中心)は約2%と下落しており、前週よりは下落幅が減った状況です。しかしながら、どこまで下がり続けるのかが全く読めません。ロボアドバイザーはこのような状況でどのように判断するのでしょうか?このような円高ドル安状況でも利益を出すことが出来る投資なのかまだわからない状況です。

インカム(債権中心)も2%程度の下落になってしましまいましたが、グルースやインフレに比べると変化が小さく安定しています。今後、自分年金として積立投資を行う場合は債権中心で確実に増やしていくことが大事かなと感じる結果となっています。

まだまだ新型コロナウイルスの脅威が落ち着く気配がありませんが、皆さんも無理のない投資で確実に利益を増やしていきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スライド2

THEO+docomoの運用は、世界86の国、11,000以上の銘柄をロボアドバイザーが分散投資して、運用します。つまりは、世界経済の影響を強く受けます。中国武漢から世界中に広まった新型コロナウイルスによって、世界中の国の経済にダメージを与えています。

皆さんは、ここ数日の運用で大きく損失が出ていませんか?私は損失がでました。もちろんTHEO+docomoでも評価損益が急激に悪化しています。このような状況の中で、THEO+docomoがどこまで戦えるのかが、非常に気になるところです。この逆境の中で利益が得られるのか?はたまた、ロボアドバイザーでは、急激な下落が起きると、全く対応できずに損失を生み出してしまうのか?今後の運用を通して、じっくり観察してお届けしたいと思います。

それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<60週目運用結果>

Screenshot_20200301-220246

入金金額 :160,000円
時価評価額:159,555円
損益率  :-0.28%

半年ぶりに、損益がマイナスとなりました。世界中で経済に影響が出ている中で、さすがに損失が出ることは仕方がないことだと思います。

そんな中で、どこまで損失を抑えられて、且つこの機を逃さず、利益に繋げられるかがロボアドバイザーの能力を図るのに重要なことかと思います。

新型コロナウイルスが落ち着いた時に、マイナスのままならTHEO+docomoの運用を終了することも考える状況です(笑)

だからこそ、THEO+docomoのパフォーマンスに期待して、どのような結果が得られるか確認したいと思います!次回以降の運用記録に乞うご期待!!!


今現在のポートフォリオは下記になります。

Screenshot_20200301-220311
グロース(株式中心)は約14%、インフレ(実物資産中心)は約9%と下落しており、今回の新型コロナウイルスの影響で運用開始から最も大きくダメージを受けました。グロースが大きく変動するのは、世界動向による影響を一番受けるから納得しておりますが、インフレも予想以上に下がりました。利益が出やすいグロースとインカムですが、世界経済の状況に注意する必要性を強く感じますね。

対象的に、インカム(債権中心)は2%程度の下落で収まっており、安定感がすごいですね。ただし、利益が増えにくいという欠点もあるため、グロース、インフレとどれが良いかはその時の経済状況による感じです。

私はまだ30代前半なので、攻めの投資が出来ることから、ロボアドバイザーがこのようなポートフォリオを組んでおりますが、資産状況によってはしっかり見直しをすべきことを改めて感じました。

まずは、このままのポートフォリオで運用してみますが、今後の私生活によってはポートフォリオの見直しをしていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

体調不良もあって、1週間更新サボってしまいました(笑)

なので、今週分の結果は早めに更新です。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<59週目運用結果>

Screenshot_20200221-221657


入金金額 :160,000円
時価評価額:174,879円
損益率  :+9.30%

しばらく、損益率が悪化していましたが(と言っても+5~7%を維持してたんですけどね^^;)、久しぶりに+9%台まで上がりました。

為替の影響が強く出ている感じですね、、、

しばらくは、この状態が続く気がするのですが、為替の影響をTHEOは強く受けるので、今後どうなるか、、、

引き続きTHEOの運用結果を公開して、どんな結果になるかをご報告できればと思います。


最後に、今現在のポートフォリオは下記になります。

Screenshot_20200221-221719


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ