「働いたら負け」 投資で年収500万超を目指すブログ

「働いたら負け」と本気で思っている社畜が、セミリタイアするために投資を本格的に開始。 投資での年収500万を達成し、社畜からの卒業を目指すブログです。

タグ:ロボアドバイザー

スライド2

新型コロナウイルスに効果があるかもしれない薬「レムデシビル」の臨床試験(治験)がアメリカで行われており、患者が回復しているとの報道が出ました。これによって、世界各地の株価が上昇しそうな気配があります。

この薬が本当に効果があると判断されたとき、世界中の経済が急激に回り始めるかもしれません。今は臨床試験中なので、まだまだ時間がかかりそうですが、新型コロナに対して打ち勝てる可能性が出てきたのは景気回復に繋がる可能性が高いので単純に嬉しいです(*´ω`*)

今後に期待しながら、経過観察中のTHE+docomoの運用結果について下記に記載しました。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<資産運用方針>

THEO+docomoが私の年齢等を考慮して設定した基本の資産運用方針がコチラです。

sketch-1585491199812

年齢が30代前半であることとを考慮しての、グロース(株式中心)の運用方針となっています。コロナショックでの世界的な株価暴落を見た今では、インカム(債券中心)の割合を増やしたほうが良いのでは?と思うところが大きいです。それでもしばらくはこの運用方針で進めていきたいと思います。

<67週目運用結果>

Screenshot_20200417-233928~2

入金金額 :170,000円
時価評価額:150,924円
損益率  :-11.22%

残念ながら、再び損益率-11%に戻ってしまいました。こればっかりは仕方がないので、今は耐えるのみと考えて、運用を継続していきたいと思います。

最後に、現在の各ポートフォリオの損益率は下記になります。

Screenshot_20200417-233958~2



今週もインカム(債券中心)だけがプラスでした。リターンが少ない分、安定しているインカムはこのような市況の時は強いですね。グロース(株式中心)もインフレ(実物資産中心)も少しずつ上昇しているので、慌てず今後も運用していきたいです。

今回はお試しですが、詳細なポートフォリオを掲載したいと思います。

Screenshot_20200417-234013~2

Screenshot_20200417-234022~2

今週もインカム以外は、イマイチですね。来週こそは全体的に上昇してくれることを祈りつつ週末をゆっくり過ごしたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スライド2

今週も新型コロナウイルスの感染拡大が続きましたが、株価の乱高下が一旦は落ち着いた週になりましたね。ナスダックもダウ平均も少しずつ上昇してきました。この調子でどんどん上昇していってほしいものです。

それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<資産運用方針>

THEO+docomoが私の年齢等を考慮して設定した基本の資産運用方針がコチラです。

sketch-1585491199812

年齢が30代前半であることとを考慮しての、グロース(株式中心)の運用方針となっています。コロナショックでの世界的な株価暴落を見た今では、インカム(債券中心)の割合を増やしたほうが良いのでは?と思うところが大きいです。それでもしばらくはこの運用方針で進めていきたいと思います。

<66週目運用結果>

Screenshot_20200410-233849~2

入金金額 :170,000円
時価評価額:154,343円
損益率  :-9.21%

ついに、損益率が-9%台まで戻ってきました。冒頭に記載したとおり、新型コロナウイルスの影響で暴落した株式市場が少しずつ値戻りしたからですね。このままどんどんの上昇してほしいですが、はたしてTHEO+docomoは、そこまで戦えるのだろうか?と興味をもって観察していきたいと思います。

最後に、現在の各ポートフォリオの損益率は下記になります。

Screenshot_20200410-233912~2


今週もインカム(債券中心)だけがプラスでした。リターンが少ない分、安定しているインカムはこのような市況の時は強いですね。グロース(株式中心)もインフレ(実物資産中心)も少しずつ上昇しているので、慌てず今後も運用していきたいです。

今回はお試しですが、詳細なポートフォリオを掲載したいと思います。


Screenshot_20200410-233938~2

Screenshot_20200410-233948~2

先週とざっくり比較すると、すべての資産が上昇している状況です。すばらしい。
私のポートフォリオではグロース(株式中心)の割合が68%を占めるので、世界の株式が上昇してくれさえすれば、いずれは元の水準まで戻ってくれるでしょう。

後のことはTHEO+docomoさんに任せて、のんびり過ごしていきたいと思います^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

スライド2

先週は、NYダウが値戻りした感があったので、「お?この調子で少しずつ回復していくか?」と思っていたのですが、結果として3/30週は一週間を通して再び値下がり傾向でした。新型コロナウイルスで世界各国の景気が停滞している状況のため、仕方がない状況ですが何とかならないもんですかね、、、。

それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<資産運用方針>

THEO+docomoが私の年齢等を考慮して設定した基本の資産運用方針がコチラです。

sketch-1585491199812

年齢が30代前半であることとを考慮しての、グロース(株式中心)の運用方針となっています。コロナショックでの世界的な株価暴落を見た今では、インカム(債券中心)の割合を増やしたほうが良いのでは?と思うところが大きいです。それでもしばらくはこの運用方針で進めていきたいと思います。

<65週目運用結果>

Screenshot_20200404-100014

入金金額 :170,000円
時価評価額:143,591円
損益率  :-15.53%

残念ながら、今週も損益率はマイナスとなってしまいました。各国でロックダウンが続いている状況のため、株価が上がる余地がない状況です。新型コロナウイルスが落ち着かない限りは損益率がプラスに向かうのはかなり厳しい状況でしょう。

最後に、現在の各ポートフォリオの損益率は下記になります。

Screenshot_20200404-100036

今週もインカム(債券中心)だけがプラスでした。リターンが少ない分、安定しているインカムはこのような市況の時は強いですね。

今回はお試しですが、詳細なポートフォリオを掲載したいと思います。


Screenshot_20200404-100058


Screenshot_20200404-100109

先週までは、インフレ(実物資産中心)の中に「金」関連の資産があったはずですが、売られたようです。インフレで唯一の損益プラスの資産だったので、悲しいと思う点はありますが、ロボアドバイザーは売り時だと判断したのだと思います。残っている商品のほとんどがマイナスな状況ですが、ロボアドバイザーなら、きっと上手く運用してくれると信じていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スライド2

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。3月28日12時時点で日本国内感染者が1499例となりました。週末外出自粛を日本政府が幾ら訴えても、「自分は大丈夫」の考えで外出する人が多くいる現状です。ロックダウンをしない限り、日本国内の感染は急激に進むのではないでしょうか、、、。少しでも多くの方々が自己防衛を怠らないことを祈る限りです。

それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<64週目運用結果>

Screenshot_20200329-224432
入金金額 :170,000円
時価評価額:150,470円
損益率  :-11.49%

先週は損益率-20%を超えていたため、絶望的な損益率を叩き出してしまいましたが、今週は少しだけ回復しました。それでも、-11.49%の損益率は非常に厳しい状況です。少しずつですが日経平均やダウ平均が上昇してきてはいますが、新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着かない限りは乱高下を繰り返すかと思います。

最後に、現在の各ポートフォリオの損益率は下記になります。

Screenshot_20200329-224451
インカム(債権中心)がプラスに転じました。やはり債権中心の投資の方が安定していることが目に見えて分かる状況です。それに対して、グロース(株式中心)とインフレ(実物資産中心)のマイナスが非常に厳しいですね、、、。世界的な株安の状況ですので、グロースが悪化するのは仕方がないですが、インフレはもう少しどうにか回復してほしい、、、。原油価格が暴落した影響が保有している資産に直撃してしまっている状況です。実物資産は安定している言っている人は今どんな気持ちなのでしょうか(笑)。金だけは、有りかもしれませんが原油は気をつけていく必要がありますね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スライド2

新型コロナウイルスの拡大が一向に収まりませんね。世界各国がいろいろな金融政策で少しでも経済的なダメージを減らそうとしておりますが、どのくらい効果があるのかわからない状況です。ドル円は新型コロナウイルスが広まる前の水準に戻りましたが、まだまだ油断はできない状況です。

THEO+docomoでの運用方針にもよりますが、私のようにグロース(株式中心)がポートフォリオの68%を占める人は、今回のような株価が下がり続ける相場に対しては、かなり厳しい状況が続いていると思います。そろそろ好転してほしい状況ですが、しばらくはこの状況が続きそうなのでひたすら耐えていきたいと思います。


それでは、今週の運用結果に参りたいと思います。

<THEO & THEO+docomoとは>

公式サイトの言葉を借りるのであれば、「おまかせ」で資産運用をしてくれるサービスです。

投資信託は人間による意思入れが強いイメージですが、THEOはロボアドバイザーというAIによって、ユーザーごとに最適な資産運用を提案してくれます。

正直、たいしたことないんじゃないか?って思っていた時期が私にもありました。

それも1年ほど運用してみて、5%以上の利益が出ているので、運用してみてよかったと思っています。


でも、THEOにも「THEO」と「THEO+docomo 」があるけど、何が違うの?って思うと思います。

正直、私には違いが分かりません(笑)。でもdocomoユーザーなら「THEO+docomo 」のほうが、ポイントが貯まるという点では、有利かと思います。

私自身が感じているメリット・デメリットはコチラ↓↓↓


docomoのユーザは「THEO+docomo 」がおすすめ ! THEO+docomo 
<メリット>
 ・dポイントが貯まる!
 ・dカード連動で、おつりを自動積立可能!

<デメリット>
 ・退屈なこと(笑)

いろいろなキャンペーンがやっているのは「THEO」 ですね。
THEO
<メリット>
 ・いろいろなキャンペーンをやっていて、タイミング次第ですごくお得
  (現在は、入金額によって最大10万円プレゼント中!)

<デメリット>
 ・やっぱり退屈なこと(笑)

どちらの投資でも大きな差はないので、これから始める人はお好きな方を選ぶと良いと思います。

<63週目運用結果>

Screenshot_20200322-230519



入金金額 :170,000円
時価評価額:133,787円
損益率  :-21.30%

評価損益率がマイナス20%を超えているのはエグい、、、。

どこまで悪化するのか?いつ元の水準に戻るのか?その点が気になる状況ですが、ロボアドバイザーの判断がどのような結果を生み出すのかを見るのが楽しみです。この状況で損益率がプラスになったら激アツなんですけどね(笑)


最後に、現在のポートフォリオは下記になります。

Screenshot_20200322-230453

グロース(株式中心)が一番影響を受けているかと思っていたのですが、実はインフレ(実物資産中心)の方が状況は厳しいんですよね。このインフレの中には、IXC(エネルギー関連株式)が含まれており、原油相場の影響を受けているんだと思います。メキシコペソのスワップ運用記録でも記載しておりますが、原油価格の下落による影響が大きいです。


新型コロナウイルスと原油価格の下落が重ならなければ、これほどまで世界経済が荒れ無かったかもしれません。このような状況でもコンスタントに利益を得られるような投資家を目指して今後も頑張っていきたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ