「働いたら負け」 投資で年収500万超を目指すブログ

「働いたら負け」と本気で思っている社畜が、セミリタイアするために投資を行っております。 2021年上期はトラリピとメキシコペソの積立で248,126円の利益を得ました!運用手法をブログで公開中。

2021年03月

トラリピ史上最強の通貨ペア「AUD/NZD(オージーキウイ)」でどれだけ資産を増やせるのかの検証ブログです。

16週目も好調でしたので、しっかり記録を残していきたいと思います。


<1. 運用ルール>

基本的なルールは下記のとおりです。
①使用するのは、マネースクエアさんのトラリピ。

トラリピは一度設定したらあとはその設定の範囲内で勝手に売り買いしてくれるのが特徴ですね。
初心者向けに、おすすめの設定を公開してくれているのが、ありがたいですね。バックテストを行った結果なども公開しており、この設定ならこれくらい稼げそう!の目安がわかるのが嬉しい。

マネースクエア ポケトラアプリ用

②運用資金は25万円でスタート。

これ以上資金を追加する予定は今の所なしです。25万円がどのように増えるかを検証します。

③基本設定は下記の通です。

レンジに関しては1.000~1.100の中で値動きすると想定していますが、現在の運用資金でその全体をカバーすると、なかなか資産も増えない。そのため、より多く動くであろうレンジに多くのトラップを設定することに重きを置きました。
その中でいくつか注文を分割して入れて、不要なトラップを置かないようにしたいと思います。

注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
1.040~1.075
1.060~1.090
トラップ間隔 0.001 0.001
利益金額 1.50 1.50
決済トレール 設定しない 設定しない

過去3年の値動きから、下の図のようにレンジを設定しています。現時点では両建てレンジは狭い範囲で設定していますが、この両建てレンジが運用のキモになりそうです。
まずはやってみてからのスタイル。

図1


この運用をやるにあたっては攻めすぎないことも重要なポイントです。
ロスカットラインに関しては気をつけて運用していきたいですね。

当面はこのルールで運用し、適宜修正していきたいと思います。

<2. 運用結果>

image007


実現損益:+25,105円
評価損益:-6,968円
合計損益:+18,137円

今週の決済回数は19回で、先週に続き好調な一週間でした。

両建てレンジ内で値動きあると、激アツ過ぎますね。
もう少し資金に余裕があれば両建てレンジを広げたいところですが、あまり広くしすぎても評価損が辛くなるだけですかね。

この調子で次週もガンガン決済して、利益が出てくれることを祈りたいと思います!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ヨシケイ(@YoshikeiB)です!

2019年1月からメキシコペソのスワップポイントを積立ており、ついに100週以上が経過しました。
現在はスワップポイントだけで週1,300円くらいの利益を得ています。

月に5,000円程度のお小遣いがあると思うと、ちょっとした贅沢ができるので、嬉しいですね^^

今週もルールに沿って、運用を継続していますので参考に見てってください。

目次
1. 運用ルール
2. 運用結果 ⇐結果だけ知りたい人はコチラから

1. 運用ルール

私が、約2年間運用してきたルールをまとめてみました。

①運用はFXプライムbyGMOを使用
 メキシコペソは他の通貨に比べ高いスワップポイントなのが魅力だと思います。ちなみに、メキシコペソのスワップ運用で有名な各社の2021年3月1日週の実績は下記のとおりです。

証券会社 スワップポイント
FXプライムbyGMO
FXプライムのトルコリラ
4.7 円
トレイダーズ証券(みんなのFX)
トレイダーズ証券[みんなのFX]
4.1 円
トレイダーズ証券(LIGHT FX)
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
7.0 円
セントラル短資

6.1 円
アイネット証券
シストレi-NET
8.0 円
※各社1万通貨ごとのスワップで記載しています。

2021年3月1日週はアイネット証券がトップでした。


それでも、私はFXプライムbyGMOを使います。個人的に重視しているの点は、スワップポイントが課税非課税であるかです。特に確定申告が苦手な人にとっては、非課税の証券会社の方が良いと思います。そのため私は、非課税の方が都合がいいのでFXプライムbyGMOで運用しています。

コロナショック後、試験的に運用しているルールが下記です。
②0.010円ごとに1Lot購入。IFD指値で0.050円値上がったら売却。為替差益も狙う。(手動トラリピ)
③コロナショックでの最安値は4.219円(FXプライムbyGMOで確認)。この値段より更に低めにロスカットラインを設定。ロスカットラインを3.5円以上にならないように運用をする。


スワップポイントが、コロナショック前に比べ激減してしまったことで、為替差益も狙う運用に切り替えました。さすがに、スワップだけを狙う運用では損失がいつまで経っても減らないので、為替差益を積極的に狙っています。

2. 運用結果

image001


運用資金  :1,200,000円
保有Lot数   :55Lot

今週のスワップ益:+1,815円
合計のスワップ益:+294,816円
評価損益    :-126,223

今週は手動トラリピの決済は12回!先週と同数決済できました。
最近は毎日のように決済があるので、決済通知が来るたびにテンション上がります。

このままドンドン決済が増えてくれれば、評価損なんてすぐに無くなってしまいそうですね。
次週も大量決済に期待します!
このエントリーをはてなブックマークに追加

日興フロッギー+docomoでの資産運用を開始して47週目になりました。

<1. 日興フロッギー+docomoとは?>

3a1e123bebe07d42e19e11374d65fa1f


日興フロッギーとは、大手の証券会社であるSMBC日興証券が運営しているサービスで、「記事から株が買える」サービスです。

この日興フロッギーの強みとして、「100円から投資可能」であることや「100万円以下であれば買付手数料が無料」であることなど強みが複数あります。

その日興フロッギーがdポイントで株を買えるサービスが「日興フロッギー+docomo」です。

このdポイントで株が買えるというのが重要で、これまでdポイントを使った投資は「dポイント投資」が主流で、ほぼ勝てる投資として有名でした。しかしながら、2020年10月22日にルール改変によって、勝てる投資ではなくなりました。

そのため、新たな投資先として期待されるのが日興フロッギー+docomo。期間・用途限定のポイントを使って投資することも可能であるため、やり方次第で大きな利益を得られる投資手法となっています。

<2. 運用ルール>

私はdポイント投資で大量に稼いだポイントの現金化を兼ねて、日興フロッギー+docomoを使って下記のようなルールで運用しています。

①使用するのは、dポイントのみ。入金は絶対しないことがルールです。
 ※売って得られた利益を使うのはOK。
②購入は100ポイント単位で購入。
③購入できるのはETFのみ。

この3つのルールをベースに運用し、どれだけ多くの資産を気付けるかを検証していきます。

<3. 運用結果>

現在の保有資産はコチラです。

キャプチャ


運用ポイント:23,000ポイント
評価額合計 :23,516円 

日経平均が3万円を割り、世界的に株価が下落してきましたね。その裏でVIXが急騰したので渡しの場合は評価益が出ている状況です。これを狙っていた感が強いですね。ただし、まだまだ様子見段階なので今後の値動きに注意していきたいと思います。

最後に現在の運用状況をまとめたグラフがコチラです。

image005

VIXの配分多いので、並び順変えようかな?と思ってます。真ん中にあると見にくい気がしてきました。色も濃い色なので圧迫感強めですし、頃合いかもしれません。

こうしたほうが見やすいという意見を貰えるとありがたいんですがね、、、。当面は我流でやっていきますので、見てもらえるとありがたいです。

来週ものんびり運用していきたいと思います(`・ω・´)ゞ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ