「働いたら負け」 投資で年収500万超を目指すブログ

「働いたら負け」と本気で思っている社畜が、セミリタイアするために投資を行っております。 2021年上期はトラリピとメキシコペソの積立で248,126円の利益を得ました!運用手法をブログで公開中。

タグ:少額投資

目指せFIRE!

2020年11月からトラリピを使って少しでも早くFIREができるように資産運用を開始しています。

2022年5月16日週より、トラリピで7通貨ペアの運用ができるようになるまで利益を積み立ててきました。
このブログでは、各通貨ペアごとに週平均利益を追記しております。そのため私と同じ運用方法なら毎週どのくらい稼げるかの目安になるかと思いますので是非参考にしてみてもらえればと思います。


<1. 運用ルール>

基本的なルールは下記のとおり4点です。
①使用するのは、マネースクエアさんのトラリピ。

トラリピは一度設定したらあとはその設定の範囲内で勝手に売り買いしてくれるのが特徴ですね。
初心者向けに、おすすめの設定を公開してくれているのもありがたいです。バックテストを行った結果なども公開しており、この設定ならこれくらい稼げそう!の目安がわかるのが嬉しい。

マネースクエア ポケトラアプリ用

個人的に参考にさせていただいているのは、下記のお二人のサイト。

<鈴さん@semiritaia_suzu のブログ>


<あっきんさん@_akkin_nara のブログ>


どちらも初めてトラリピをする人には是非参考にしてほしいですね。私もお二人のサイトを参考にトラリピを開始し、安定して利益を出すことができている状況です。

②運用資金は200万円で運用。

運用当初はAUD/NZD単体のときは25万円で運用していましたが、2021年5月から運用資金を100万に増やし通貨も4通貨に増やしました。

2021年12月からは更に25万追加し、125万円で運用を行っておりましたが、ウクライナ情勢の悪化や急激な円安にともない、2022年4月からはリスク回避も兼ねて200万円で運用しています。

そして、2022年5月16日週から新規追加されたUSD/CANの運用も開始しました。

③基本設定は下記の通りです。
運用通貨:AUD/NZD、NZD/USD、CAN/JPY、EUR/GBP、EUR/JPY、AUD/JPY、USD/CAN の7種類で運用します。

各通貨ごとに下記のようにレンジを設定し、運用をしていきます。

<AUD/NZDの場合>※2022年5月2日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
1.011~1.125
1.035~1.099
トラップ間隔 0.001 0.001
利益金額 2.0NZドル 2.0NZドル
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,388円

<NZD/USDの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.654~0.730
0.680~0.756
トラップ間隔 0.0040 0.0040
利益金額 4ドル 4ドル
決済トレール設定しない 設定しない
週平均利益 約1,568円

<CAN/JPYの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
82.4~92.0
85.0~94.6
トラップ間隔 0.400 0.400
利益金額 500円 500円
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約2,232円

<EUR/GBPの場合>※2021年11月15日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.805~0.892
0.832~0.919
トラップ間隔 0.003 0.003
利益金額2ポンド 2ポンド
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,580円

<EUR/JPYの場合>※2022年5月2日週に設定レンジを見直し
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
130.0~139.6
125.0~136.6
トラップ間隔0.4000.400
利益金額500円500円
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約3,487円

<AUD/USDの場合>※2022年5月2日週に設定見直し
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
0.7160.748
0.67625~0.72500
トラップ間隔0.0040.00125
利益金額4ドル4ドル
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約5,223円

<USD/CANの場合>※2022年5月16日週に運用開始
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
1.250~1.300
1.275~1.325
トラップ間隔 0.002 0.002
利益金額5カナダドル 5カナダドル
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約6,392円

他の人のブログなどを見比べながら上記を設定しています。ロスカットラインも考慮しながら設定してみましたが、今後は定期的に見直しながら運用をしていきたいと思います。

④実現損益が+25万増えるごとに1通貨ペア増やす。
ロスカットのリスクも考慮しながら決断していきますが、通貨ペアを増やすタイミングは実現損益が+25万円ごとに、1通貨ペア増やして行く予定でしたが、急な円安もあるので、ちょっと様子見を行います。円安の影響がないAUD/USDを追加したあとは当面はロスカットを避けるための施策を考えることになります。

ただし追加するタイミングで一番適した通貨ペアを選びたいと思いますし、もしかしたらトラリピに新通貨ペアが生まれるかもしれませんので、その時その時でベストな選択をしたいと思ってます。

<2. 運用結果>

image009


実現損益:+513,910円(前週比+16,676円)
評価損益:-690,346円
合計損益:-213,340円

USD/CANを運用開始してみましたが、想定以上の稼ぎ方をしてくれたので、ちょっとビビってます。狭めにレンジを設定しているので、当然と言えば当然ですが、ガンガン稼いでくれる通貨はありがたいですね。これからもガンガン稼いでくれることに期待したいです。

少しずつ円高方面に値動きしている感がありますね。今後どうなるのか全然読めないですが、安全圏で運用できるように頑張っていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

目指せFIRE!

2020年11月からトラリピを使って少しでも早くFIREができるように資産運用を開始しています。

2021年12月27日週より、トラリピで5通貨ペアの運用ができるようになるまで利益を積み立ててきました。
このブログでは、各通貨ペアごとに週平均利益を追記しております。そのため私と同じ運用方法なら毎週どのくらい稼げるかの目安になるかと思いますので是非参考にしてみてもらえればと思います。


<1. 運用ルール>

基本的なルールは下記のとおり4点です。
①使用するのは、マネースクエアさんのトラリピ。

トラリピは一度設定したらあとはその設定の範囲内で勝手に売り買いしてくれるのが特徴ですね。
初心者向けに、おすすめの設定を公開してくれているのもありがたいです。バックテストを行った結果なども公開しており、この設定ならこれくらい稼げそう!の目安がわかるのが嬉しい。

マネースクエア ポケトラアプリ用

個人的に参考にさせていただいているのは、下記のお二人のサイト。

<鈴さん@semiritaia_suzu のブログ>


<あっきんさん@_akkin_nara のブログ>


どちらも初めてトラリピをする人には是非参考にしてほしいですね。私もお二人のサイトを参考にトラリピを開始し、安定して利益を出すことができている状況です。

②運用資金は200万円で運用。

運用当初はAUD/NZD単体のときは25万円で運用していましたが、2021年5月から運用資金を100万に増やし通貨も4通貨に増やしました。

2021年12月からは更に25万追加し、125万円で運用を行っておりましたが、ウクライナ情勢の悪化や急激な円安にともない、2022年4月からはリスク回避も兼ねて200万円で運用しています。

③基本設定は下記の通りです。
運用通貨:AUD/NZD、NZD/USD、CAN/JPY、EUR/GBP、EUR/JPY、AUD/JPY の6種類で運用します。

各通貨ごとに下記のようにレンジを設定し、運用をしていきます。

<AUD/NZDの場合>※2022年5月2日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
1.011~1.125
1.035~1.099
トラップ間隔 0.001 0.001
利益金額 2.0NZドル 2.0NZドル
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,386円

<NZD/USDの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.654~0.730
0.680~0.756
トラップ間隔 0.0040 0.0040
利益金額 4ドル 4ドル
決済トレール設定しない 設定しない
週平均利益 約1,578円

<CAN/JPYの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
82.4~92.0
85.0~94.6
トラップ間隔 0.400 0.400
利益金額 500円 500円
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約2,274円

<EUR/GBPの場合>※2021年11月15日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.805~0.892
0.832~0.919
トラップ間隔 0.003 0.003
利益金額3ポンド 3ポンド
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,559円

<EUR/JPYの場合>※2022年5月2日週に設定レンジを見直し
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
130.0~139.6
125.0~136.6
トラップ間隔0.4000.400
利益金額500円500円
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約3,653円


<AUD/USDの場合>※2022年5月2日週に設定見直し
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
0.704~0.760
0.7125~0.750
トラップ間隔0.0040.00125
利益金額4ドル4ドル
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約5,279円

他の人のブログなどを見比べながら上記を設定しています。ロスカットラインも考慮しながら設定してみましたが、今後は定期的に見直しながら運用をしていきたいと思います。

④実現損益が+25万増えるごとに1通貨ペア増やす。
ロスカットのリスクも考慮しながら決断していきますが、通貨ペアを増やすタイミングは実現損益が+25万円ごとに、1通貨ペア増やして行く予定でしたが、急な円安もあるので、ちょっと様子見を行います。円安の影響がないAUD/USDを追加したあとは当面はロスカットを避けるための施策を考えることになります。

ただし追加するタイミングで一番適した通貨ペアを選びたいと思いますし、もしかしたらトラリピに新通貨ペアが生まれるかもしれませんので、その時その時でベストな選択をしたいと思ってます。

<2. 運用結果>

image009


実現損益:+497,234円(前週比+21,038円)
評価損益:-705,697円
合計損益:-234,029円

5月9日にロシアが何らかの発言をして為替相場がパニック状態になる。そう思ってビクビクしながら運用していましたが、特に何も起きませんでした。油断できない状況ではありますが、ひとまずは良かったかなと思っています。

現在4週間連続で2万円以上の決済益を得られていますが、合計損益は膨らんでいる状況です。さすがにそろそろ一段落させたいですが、無理そうですね(笑)

次週よりUSD/CANの運用が開始されます。私もすでに設定は入れているので、今後の収益が楽しみです。みなさんも設定してみては、いかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

目指せFIRE!

2020年11月からトラリピを使って少しでも早くFIREができるように資産運用を開始しています。

2021年12月27日週より、トラリピで5通貨ペアの運用ができるようになるまで利益を積み立ててきました。
このブログでは、各通貨ペアごとに週平均利益を追記しております。そのため私と同じ運用方法なら毎週どのくらい稼げるかの目安になるかと思いますので是非参考にしてみてもらえればと思います。


<1. 運用ルール>

基本的なルールは下記のとおり4点です。
①使用するのは、マネースクエアさんのトラリピ。

トラリピは一度設定したらあとはその設定の範囲内で勝手に売り買いしてくれるのが特徴ですね。
初心者向けに、おすすめの設定を公開してくれているのもありがたいです。バックテストを行った結果なども公開しており、この設定ならこれくらい稼げそう!の目安がわかるのが嬉しい。

マネースクエア ポケトラアプリ用

個人的に参考にさせていただいているのは、下記のお二人のサイト。

<鈴さん@semiritaia_suzu のブログ>


<あっきんさん@_akkin_nara のブログ>


どちらも初めてトラリピをする人には是非参考にしてほしいですね。私もお二人のサイトを参考にトラリピを開始し、安定して利益を出すことができている状況です。

②運用資金は200万円で運用。

運用当初はAUD/NZD単体のときは25万円で運用していましたが、2021年5月から運用資金を100万に増やし通貨も4通貨に増やしました。

2021年12月からは更に25万追加し、125万円で運用を行っておりましたが、ウクライナ情勢の悪化や急激な円安にともない、2022年4月からはリスク回避も兼ねて200万円で運用しています。

③基本設定は下記の通りです。
運用通貨:AUD/NZD、NZD/USD、CAN/JPY、EUR/GBP、EUR/JPY、AUD/JPY の6種類で運用します。

各通貨ごとに下記のようにレンジを設定し、運用をしていきます。

<AUD/NZDの場合>※2022年5月2日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
1.011~1.125
1.035~1.099
トラップ間隔 0.001 0.001
利益金額 2.0NZドル 2.0NZドル
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,376円

<NZD/USDの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.654~0.730
0.680~0.756
トラップ間隔 0.0040 0.0040
利益金額 4ドル 4ドル
決済トレール設定しない 設定しない
週平均利益 約1,549円

<CAN/JPYの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
82.4~92.0
85.0~94.6
トラップ間隔 0.400 0.400
利益金額 500円 500円
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約2,317円

<EUR/GBPの場合>※2021年11月15日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.805~0.892
0.832~0.919
トラップ間隔 0.003 0.003
利益金額3ポンド 3ポンド
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,539円

<EUR/JPYの場合>※2022年5月2日週に設定レンジを見直し
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
130.0~139.6
125.0~136.6
トラップ間隔0.4000.400
利益金額500円500円
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約3,537円


<AUD/USDの場合>※2022年5月2日週に設定見直し
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
0.704~0.760
0.7125~0.750
トラップ間隔0.0040.00125
利益金額4ドル4ドル
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約4,777円

他の人のブログなどを見比べながら上記を設定しています。ロスカットラインも考慮しながら設定してみましたが、今後は定期的に見直しながら運用をしていきたいと思います。

④実現損益が+25万増えるごとに1通貨ペア増やす。
ロスカットのリスクも考慮しながら決断していきますが、通貨ペアを増やすタイミングは実現損益が+25万円ごとに、1通貨ペア増やして行く予定でしたが、急な円安もあるので、ちょっと様子見を行います。円安の影響がないAUD/USDを追加したあとは当面はロスカットを避けるための施策を考えることになります。

ただし追加するタイミングで一番適した通貨ペアを選びたいと思いますし、もしかしたらトラリピに新通貨ペアが生まれるかもしれませんので、その時その時でベストな選択をしたいと思ってます。

<2. 運用結果>

image009


実現損益:+476,196円(前週比+23,456円)
評価損益:-674,663円
合計損益:-216,748円

AUD/NZD、EUR/JPY、AUD/USDの3通貨の設定を見直しました。今の相場に合わせた設定に変更してみた結果、今週は予想以上に利益が出すことが出来ました。

今週と同じように毎週稼いでいければ理想ですが、さすがに厳しいかなと思っています。
まずはロスカットを回避しながら運用を継続していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

目指せFIRE!

2020年11月からトラリピを使って少しでも早くFIREができるように資産運用を開始しています。

2021年12月27日週より、トラリピで5通貨ペアの運用ができるようになるまで利益を積み立ててきました。
このブログでは、各通貨ペアごとに週平均利益を追記しております。そのため私と同じ運用方法なら毎週どのくらい稼げるかの目安になるかと思いますので是非参考にしてみてもらえればと思います。


<1. 運用ルール>

基本的なルールは下記のとおり4点です。
①使用するのは、マネースクエアさんのトラリピ。

トラリピは一度設定したらあとはその設定の範囲内で勝手に売り買いしてくれるのが特徴ですね。
初心者向けに、おすすめの設定を公開してくれているのもありがたいです。バックテストを行った結果なども公開しており、この設定ならこれくらい稼げそう!の目安がわかるのが嬉しい。

マネースクエア ポケトラアプリ用

個人的に参考にさせていただいているのは、下記のお二人のサイト。

<鈴さん@semiritaia_suzu のブログ>


<あっきんさん@_akkin_nara のブログ>


どちらも初めてトラリピをする人には是非参考にしてほしいですね。私もお二人のサイトを参考にトラリピを開始し、安定して利益を出すことができている状況です。

②運用資金は200万円で運用。

運用当初はAUD/NZD単体のときは25万円で運用していましたが、2021年5月から運用資金を100万に増やし通貨も4通貨に増やしました。

2021年12月からは更に25万追加し、125万円で運用を行っておりましたが、ウクライナ情勢の悪化や急激な円安にともない、2022年4月からはリスク回避も兼ねて200万円で運用しています。

③基本設定は下記の通りです。
運用通貨:AUD/NZD、NZD/USD、CAN/JPY、EUR/GBP、EUR/JPY、AUD/JPY の6種類で運用します。

各通貨ごとに下記のようにレンジを設定し、運用をしていきます。

<AUD/NZDの場合>※2021年12月13日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
1.011~1.075
1.035~1.099
トラップ間隔 0.001 0.001
利益金額 6.0NZドル 6.0NZドル
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,364円

<NZD/USDの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.654~0.730
0.680~0.756
トラップ間隔 0.0040 0.0040
利益金額 4ドル 4ドル
決済トレール設定しない 設定しない
週平均利益 約1,528円

<CAN/JPYの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
82.4~92.0
85.0~94.6
トラップ間隔 0.400 0.400
利益金額 500円 500円
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約2,363円

<EUR/GBPの場合>※2021年11月15日週に設定レンジを見直し
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
0.805~0.892
0.832~0.919
トラップ間隔 0.003 0.003
利益金額3ポンド 3ポンド
決済トレール 設定しない 設定しない
週平均利益 約1,468円

<EUR/JPYの場合>※2022年4月11日週に設定レンジを見直し
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
120.4~130.0
125.0~136.6
トラップ間隔0.4000.400
利益金額500円500円
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約3,593円


<AUD/USDの場合>※2022年4月11日週に設定追加
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
0.704~0.760
トラップ間隔0.0040.004
利益金額4ドル4ドル
決済トレール設定しない設定しない
週平均利益約2,741円

他の人のブログなどを見比べながら上記を設定しています。ロスカットラインも考慮しながら設定してみましたが、今後は定期的に見直しながら運用をしていきたいと思います。

④実現損益が+25万増えるごとに1通貨ペア増やす。
ロスカットのリスクも考慮しながら決断していきますが、通貨ペアを増やすタイミングは実現損益が+25万円ごとに、1通貨ペア増やして行く予定でしたが、急な円安もあるので、ちょっと様子見を行います。円安の影響がないAUD/USDを追加したあとは当面はロスカットを避けるための施策を考えることになります。

ただし追加するタイミングで一番適した通貨ペアを選びたいと思いますし、もしかしたらトラリピに新通貨ペアが生まれるかもしれませんので、その時その時でベストな選択をしたいと思ってます。

<2. 運用結果>

image009


実現損益:+452,740円(前週比+23,111円)
評価損益:-629,930円
合計損益:-184,583円

ついにドル円が130円を超えていきましたね、、、。これは135円までは進みそうな予感がします。ヨシケイ式円安シフトが上手く発動してくれているおかげで、2万円を超える決済はできていますが、まだまだ油断はできない状況ですね。

GWは何がおきるかわからないと思っているので、調子に乗ってポジションを持ちすぎないように気をつけていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウクライナ情勢の悪化。急激な円安。これらによって、ロスカットリスクが高まっている状況になにかできないかなと考えて、調べた結果、鈴さんの円安シフトを参考に私も行動することを選びました。


<1. ヨシケイ式円安シフトのルール>

円安シフトを発動するのはトラリピでの運用のみ。トラリピ以外の資産運用は影響なしなので、トラリピをとにかく生かすことを目的にやります。

マネースクエア ポケトラアプリ用


①参考にしたサイト
個人的に参考にさせていただいたのは鈴さんのサイト。

<鈴さん@semiritaia_suzu のブログ>


丸パクリをしようかとも考えましたが、自分のポジションと違うのであくまで考え方を参考にしました。

②解除タイミング

・米の利上げ終了 or 日本の利上げ開始
 →円高方向に相場が動く可能性が高まるため。
・EUR/JPYとCAN/JPYの評価損が円安シフトによって相殺できる場合
 →ロスカットリスクを避けるために運用するので、変にポジションを持ち続けて利益を狙おうとすると失敗する可能性があるため。


③運用ペア

・USD/JPY、CAN/JPY、EUR/JPY
 →USD/JPYとCAN/JPYはまだまだ利上げの可能性が高く、円安シフトの効果が高いと推測。
  USD/JPYとCAN/JPYは100本のトラップを設定して、運用を行います。
 →EUR/JPYをやらない理由は、ウクライナ情勢の変化によって、影響が出る地政学的リスクがあると感じたから。
  └2022年4月21に円安シフトで得られた評価益で不要なポジションを一部解決できたことから、EUR/JPYも運用に追加。
  └EUR/JPYも50本のトラップを設定。
 →利益金額は、自動で決済されないように適当に50,000円とかにしておきました。
  自分のタイミングで決済させます。
 →トラリピの「リスクシミュレーション」を使用して、円安シフトを発動したときの維持率も確認。ロスカットにならないことをチェック。
  ※リスクシミュレーションは下記場所で使用できます。
   トラリピのマイページ
   └MENU
    └ツール
     └リスクシミュレーション

・各設定の詳細は下記の通り。

<USD/JPYの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
128.000~131.960
-
トラップ間隔 0.040(100本) -
利益金額 50,000円 -
決済トレール設定しない -

<CAN/JPYの場合>
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
売買
レンジ
100.000~104.950
-
トラップ間隔 0.050(100本) -
利益金額 500円 -
決済トレール 設定しない -

<EUR/JPYの場合>※2022年4月20日に設定を追加
注文金額0.1万通貨0.1万通貨
売買
レンジ
138.000~139.960
-
トラップ間隔0.040(50本)-
利益金額500円-
決済トレール設定しない-

<2. 運用するにあたっての心構え>

当面は円安シフトを行い様子を見ながら運用します。
やるべきことは明確で、評価損の解消とロスカットリスクの軽減が目的。円安シフトの効果によっては評価益が出る可能性がありますが、そこを狙うことは狙いません。

調子に乗って決済のタイミングを逃すことが一番もったいないです。

「頭と尻尾はくれてやれ」の精神で、まずは、自分の命を大事に運用したいと思います。

<3. 途中経過(2022年4月28日18時時点)>

途中経過を表形式にしてみました。



■2022年4月28日18時時点
週明けから円高方向に動いていたため、円安シフトそのものがいらない?と思いながら運用していましたが、4月28日に黒田総裁の発言により急激な円安へ。いらないポジションを減らしながら利益も稼ぐことが出来ました。
まだまだ円安方向に進む流れなので、ポジションを減らしながら様子を見ていきたいと思います。

■2022年4月22日15時時点
少しずつ円高方向に動いている状況ですが、利益はきっちり確保しつつ、いらないポジションを処分してます。土日を挟むため、買いポジションをあまり調子に乗って持ちすぎないことを意識して行動していきたいと思います。

以下、過去のコメント
■2022年4月21日14時時点
G20の動きがきになる状況ですが、3通貨で円安シフトを行うとそこそこの値動きは確保できている状況。EUR/JPYは0.1万通貨損切りしましたが、利益と相殺できています。むしろ利益のほうが上な状況なので、順調にポジションを減らしながら利益を確保するという理想な状態。

■2022年4月20日12時時点

4月18日~4月19日夜にかけて設定していた円安シフト(USD/JPYとCAN/JPY)が急激な円安に進んだため、約8万円分の評価損の解消+約1.2万円分の評価益を生み出し、一旦利確。利確した理由はNY市場が開いてから思ったより急激に円安に動かなかったので、維持率200%を切った状態で一晩過ごすのもリスクだと感じ、一旦利確しました。利確後、再度トラップを仕掛けて一晩放置。翌朝円高方向に少しだけ戻っていたので、利確の恩恵を受けれた形。

 現在の円安シフトの効果:+12,701円

不要なポジションも減ったので、EUR/JPYも円安シフトに追加するのは有りと判断し、トラップを設定し現在に至ります。

この運用は、あくまで評価損を解消することが目的なので、調子に乗ってポジションを持ちすぎないことを心がけたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ